【声優学校・養成所】入る前にやっておきたい練習まとめ【経験者談】

練習法

「進路先は決まったけど、入学まで何をすればいいんだろう?」「自主練が必要なのはわかるけど、具体的な方法が知りたい!」

今では、声優学校や養成所って写真や動画で確認できたりしますが、そこから何をしておくべきかまでは実際ところわからなかったりしますよね?

この記事では、専門学校と養成所を卒業した筆者の経験から、入学前に必ずやっておいてほしいことをご紹介していきます。

学校や養成所に入れば、できないことや悩みが必ずと言っていいほど出てきます。入学後のスタートダッシュに出遅れないよう、今のうちにできる限りの準備しておきたいですね。

スポンサーリンク

入学前の大切さ

入学前って期待をもちつつも不安があって…、これから一緒に競い合う人たちのことを想像するとなんだか毎日がそわそわしてしまいますよね?

実際のところ、周りは知らない人だらけで、ただでさえストレスのかかる場ではじめて取り組む授業には想像以上のエネルギーを使います。最初は気持ちで乗り切れたりするけど、自信がなくなってくると一気に体も心もやられちゃいます。

お互いに、みんなどれだけ上手いのか?出来るのか?ってところに意識がいきがちだし、数回の授業で辛くてやめる子も結構いるんです。

最初の段階は基礎を重点的に鍛えられますが…、正直、辛いしつまらないしでこれについていけないともうほんと自信をなくします。笑

しっかりと準備しておけばプロになれるってことではないですが、培ったものは必ず成果に表れるしモチベーションになります!

僕も、入学前には同じような気持ちでただただ漠然と自主練に励んでました。当時、声優関連のCD付き教則本のようなものを買って発声や滑舌なんかをやってたのを覚えてます。笑

ですが、いざ入学して「うわー基礎練もっとやっておけばよかった」とか「こんな大事なこと入学前にできたなー」とか振り返るとたくさんあります。

そうやって授業が進むにつれて、あれもこれもやらないといけないで課題がどんどん増えていき、もはや本来やらないといけない基礎の部分が結構おろそかになってしまうんです。

だからこそ、これから目指す人には今のうちにできること今しかできないことをやってほしいと思うんです。

やることは基礎トレーニング

どこの学校へ行っても、まず間違いなく基礎から始まります。

筋トレやストレッチ、感情解放や外郎売名など…、毎日続けるとなかなかしんどかったりしますし、実際のところ、アフレコやマイクワークなんてのはかなり後半になってから。

だからこそ、今やっておいて間違いないのは「基礎」の部分です。

では、基礎って具体的に何をすればいいの?って人のために以下で深掘りしていきます。

おすすめの自主トレ

一言に基礎トレーニングといっても挙げればたくさんあるので、今やっておいてほしいことを6つに絞って紹介していきますね!

おすすめトレーニング
  1. 筋トレ・ストレッチ
  2. 姿勢矯正
  3. 発声・滑舌
  4. 読書
  5. 耳を鍛える
  6. 自己管理

僕が学校に入って、これはやっておけば良かったとか大事だなと思ったことです。

なんで重要なの?って理由は以下でご紹介します。

①筋トレ・ストレッチ

学校や養成所に入れば、はじめに必ずといっていいほどやらなければいけないことですし、中には、アスリート養成所なのかと疑うほど量をこなすところもあるくらい。笑

レッスンでつらい思いをする前に、腕立て伏せ・腹筋・背筋・ストレッチなど、今のうちにはじめておいたほうが絶対に後悔しないんです!

とはいえ、自主的にトレーニングとなるとなかなか継続するのが難しいんですよね…。

最初は、数十回でもいいのでこの音楽が鳴ったら体を動かす!というように、小さい目標からコツコツ積み上げていくことが日々の達成感や充実感につながるはずです。

ポイント
  • 集中できる環境作り
  • 最初は適度な回数から
  • 決まったBGMを流す
  • 同じ時間帯に行えるようルーティン化
  • 1日の成果をメモする

また、声優を目指すなら表情筋を鍛えておくことも大切なので、ちょっとしたスキマ時間でもいいので顔を動かすことを意識してみてください!

②姿勢矯正

学校や養成所に入ってすぐには実感できないことかもしれませんが、オーディション・審査対策などで必ず重要になってくるのが姿勢や第一印象です。

実は、各学校のカリキュラムの中にはオーディション向けのブラッシュアップ講座があるところがほとんど。

印象を良くすることって様々な場面で役立つことなんです!

③発声・滑舌

言うまでもなく、声優になるための必須項目です。

声や滑舌が改善することで、劇的にオーディションの結果が変わる人もいるので、筋トレとあわせて継続して練習することをおすすめします。

④読書

読書にはたくさんのメリットがあります。

たった一冊で、声優として必要な文字慣れや読解力、そして著者の思考や人生まで学べちゃいます。

僕が教わった講師の方々にも読書を勧める方はたくさんいたんですが、文字や文章に慣れるという意味でも、様々な分野の本や新聞などを読むことで知見がひろがりますよ!

⑤耳を鍛える

読みやセリフを器用にこなせる人は模倣も上手かったりします。

授業を経験すればわかりますが、講師が言ったセリフをしっかり聴いてなぞれる人はそれだけ対応力があるということ。

発声などのアウトプット力だけでなくインプットの感覚も鍛えると上達が早くなるので、プロの声を研究する上でも耳の良さはとても大事なことです。

耳が良いことで得られるメリットや鍛え方についてはぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

⑥自己管理

自己管理?と思うかもしれませんが、僕としてはかなり大事なことだと感じました。

自己管理は、時間や体調管理など様々です。

起床から就寝、授業や全体練習やバイトといったスケジューリングなど、一日や一週間の時間を管理する場面が今よりもすごく増えてきます。

また、通学の電車内、授業の稽古場など、入学後は体調を崩しやすい環境に身を置くことになるので、体力的にも精神的にも大変なことが多いんですよね…。

で、疲れてくると免疫力も下ります。

風邪で誰かが休めば全体のキャスト(仲間)に迷惑がかかることになるので、学校や養成所で学ぶ以上体調管理はめちゃくちゃ大切なことだったりします。

喉の管理は大前提として、身の回りのことまで管理できるような生活を身につけておくことが大切ですよ!

最も大切なのは心構え

ここまで、いくつかおすすめの練習メニューを紹介してきましたが、案外一番大事なことって心構えだったりします。

「もうそんなのできてるよ」って思うかもですが、これを実践的に行動に移せるかがものすごく大事だと思うんです。

声優・ナレーターとして『マジンガーZ』『NARUTO-ナルト-』や『水戸黄門』に出演された柴田秀勝さんが、声優を志す人に向けて仰ったことです。

それから、今日から「俺は声優だ」「私は声優だ」というイメージをもって生活してください。

(中略)

たとえば田中さんだったら「私は俳優・田中だ」と意識して、エレベーターのボタンを押す、飯を食う。

(中略)

俳優を志す者にとっては日常生活で見る・聞くすべてが修行と考えてください。将来あなたがその「引き出し」から演じるとき、それはあなたしかもっていない個性に生まれ変わっているでしょう。

引用:2019年 主婦の友社 安藤隆啓『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』176,177Pより

常に意識することって難しいかもしれませんが、強烈な思いがあればあるほどすべての行動が目標に向かった意味のある行動になるはずです。

今回の記事に近い内容で、日常的な思考法にフォーカスしたことを書いているのでぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いざ入学したら、自信やプライドがへし折られたり、逆にほんの些細なきっかけで芝居が楽しくなったりと一喜一憂の毎日です。

どれだけ準備をしても、いい日もあれば悪い日もやってくるので、それに打ち克てる強い心をもって毎日の練習に取り組んでみてください。

こちらの記事では、僕が以前入学後に感じた学校や養成所の雰囲気について紹介しているので、これから入学・入所する方にぜひおすすめです!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

タイトルとURLをコピーしました