【滑舌を良くする!】手軽で効果的に改善できるおすすめの練習

練習法

プロ声優になるために避けては通れない道が滑舌練習です。

「何でうまく言えないんだ…」

「またサ行が…」

もう、なんていうか自分自身にイライラしますよね。笑

声優・ナレーターを目指す人で、滑舌を良くしたいという方も多いのではないでしょうか?

昔の僕も滑舌には苦戦しました。

どうしても苦手な言葉や文字ってあるんですよ…。

しかし、この記事で紹介する方法を参考にすれば改善するはずです!

当時、僕も滑舌が良くなりプロダクションに所属するまでになれました。

というわけで、以下で滑舌が劇的に改善されるおすすめの方法をご紹介していきます。

「本気で治したい!」って方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

滑舌練習の隠れたメリット

滑舌を治すことは意外にも様々な効果があったりします。

声優の基礎」と言われる部分ですからその効果は大きいです。

以下で、滑舌練習による隠れたメリットをご紹介します。

マイク乗り

滑舌が良くなると「マイク乗り」の効果があります。

マイク乗りとは、マイクを通したときに自分の声が際立って良く聞こえることです。

自分の声のいいところを拾ってくれると、マイクを通して聞いたときにBGMに埋もれたりこもって聞こえなくなります。

もちろん、本来の声質やトーンによってノリやすさはありますが、口が開くことで自然と音が明瞭になり表に出るようになります。

声自体がこもらなくなることで、マイクに入る声もおのずと聞き取りやすいものになります。

パフォーマンス全体の向上

声に出して喋るとき、どうしても滑舌に苦手意識があると内容が入ってきません。

苦手な単語や専門用語なんかは本当に厄介です。笑

ですが、つまずく回数が減ることで自然と苦手意識がなくなります。

喋っている最中に、この意識を減らせることで全体のパフォーマンスが安定し原稿や映像に集中できるというわけです。

おのずと、本来の演技や映像に合わせることに意識が向かうため、滑舌といえどその相乗効果は意外と大きかったりします!

不自然さがなくなる

滑舌が悪いうちはどうしてもはっきりと喋ろうとしがちで、やりすぎるとぎこちなさや不自然さにつながります。

AIやロボットが喋るような感じです。

もちろん、緊張から無意識に出てしまってる人もいるかもしれませんね。

授業で「カタイ」と指摘されたら、ちゃんと読もうという意識から脱却しリラックスしましょう。

本番では、練習してきたことしかできないので等身大の自分で挑むしかないんです。

先ほどの苦手意識につながりますが、こうした緊張や硬さをなくす上でも滑舌練習は大切です。

若くみられる

女性は特に気にしがちかもしれませんが、表情の筋肉が落ちてくると頰がたるみシワの原因にもなります。

年齢は口周りに出やすいと言われますよね。

口輪筋や頰筋を鍛えることは若くみられることにもつながります。

練習一つで、滑舌だけでなく老化防止にも効果があるのは大きなメリットです。

滑舌改善法

ご紹介する前に、僕がこの練習をはじめたきっかけや経緯を書きたいと思います。

そんなのいいよって方は飛ばしていただいて構いません。笑

当時の僕は、専門学校に通いたてで声優を目指したばかり。

サ行とラ行をはじめ母音の「a」「i」「u」「e」「o」が不明瞭でした。

原因は、全体的に舌の使い方や口を開けるクセがついていないこと。

おまけに声も小さく、なんとなくフワフワした感じや聞きとりにくい印象を与えていたんです。

そのため、授業中に滑舌が甘くなりやり直しをさせられる場面もありました。

そんなときに、ある講師から紹介されたのが以下で紹介する方法です。

同じ悩みを持っている方にはかなり効果的だと思うので、なるべく継続して試してみてください。

以下の記事では、母音の正しい発音の仕方について詳しく解説しているのでこちらもおすすめです!

効果的な練習

滑舌練習にも様々な方法がありますが、効果的ならば「滑舌棒」を使った練習は即効性があります。

あるいは、口周りにそこまで負担のない「Be-Vo」のボイトレグッズもおすすめです。

とはいえ持っていない人がほとんどだと思うので、すぐにはじめたいのなら身近にある「割り箸」などでも充分代用できます!

形はできるだけ角張ったものではなく丸いものがおすすめ。

これを横向きに奥歯でくわえて喋るだけです!

僕も昔はこれでかなり練習してましたが、くわえてるときは言葉が言いづらく口が痛いし、やりすぎると口角炎になったりします。笑

なので本当はボイトレグッズがおすすめなんですが…、もし試す場合は5分や10分を目安に休憩しましょう。

「外郎売を一回言い切るまで」とか「ア行〜ワ行までを〇セット」というように決めて行うとちょうどいいかもしれませんね。

手軽にできる練習

滑舌棒を使ったもの以外にもっと手軽にできるのが舌を動かすトレーニングです。

以前テレビでアナウンサーの方が紹介されていたやり方ですが、外出先や公共の場などで声を出さずにできるのでおすすめです。

やり方は、舌を口の中で楕円を描くようにぐるぐると回すだけです。

時計回り、反時計回りにそれぞれ20回ずつ行えば舌の動きが良くなります。

舌には「舌筋」と呼ばれる筋肉があるように、鍛えなければ思うような働きをしてくれません。

特に「タ行」や「ラ行」が苦手な人はこの舌筋を鍛えるトレーニングがおすすめです。

手軽にできる対策

授業や仕事前など、喋る前におすすめなのが頰筋や口輪筋をほぐす方法です。

冬場は特におすすめですが、寒い時期になるとどうしても口周りの筋肉が硬直しがちです。

暖かいものを頰に当てたり、手でほぐしてみる。

また、「う」「い」の口の形を繰り返すことで簡単に硬さをほぐすことができます。

自信を得ると劇的に変わる

専門学校の僕もそうでしたが、滑舌を散々指摘されると嫌というほど自覚していきます。

おまけに師事した講師の方々が厳しかったので、自分にイライラするし自信もなくなるしで辛いです。笑

ですが、ふと褒められたり指摘されなくなってくると、いつの間にか自信が湧いていたりします。

何が言いたいかというと、ここで紹介した練習によって滑舌は改善されますが、やはりメンタルの部分も大きいということです。

僕の経験から言えることですが、自信がつくと自然と前へ(相手)へ声を出そうという意識になったり芝居自体の表現も大きくなっていきます。

そして何より、原稿を読んだりセリフを喋ることが楽しくなってきます。

しばらくは実感がなくても続けていれば必ず成果は出るし、それを自覚したときはじめて自信につながります。

まとめ

正直、僕も改善したとはいえまだまだ滑舌に困ることがあります。笑

そして、誰しも年齢を重ねるごとに筋肉はどんどん衰えていきます。

声優になって続けていきたい人は、こうした練習を日々続けていけるように頑張ってください。

他にも、こちらの記事で基礎練習を中心に紹介しているのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク



コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました