【朗読入門】初心者におすすめの短編作品を紹介

書籍

はじめて朗読に挑戦する人や、手頃な作品をお探しの方にとって作品探しは意外と難しいものだったりしますよね?

僕もこれまでいくつかの作品に触れてきましたが、難しい内容や長すぎる作品ってはじめて朗読するにはあまりおすすめできるものではないんです。

まずは、読み手にとっても聞き手にとってもわかりやすい内容のものから挑戦するのがおすすめです!

というわけで、ここでは朗読入門に適した作品をメジャーなものからあまり知られていないものまで幅広く紹介していくのでぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

朗読入門におすすめの作品

小説や童話など探せば無数に作品はありますが、やはり小難しい内容は聞き手としても「考える」作業が多く疲れてしまいます。

誰にでも最後まで聞いてもらえるシンプルなものを推奨したいので、以下の項目を基準に探すのがおすすめです!

おすすめポイント
  • 旧字体ではなく現代仮名遣いの作品
  • 朗読時間の短い作品
  • 子どもが楽しめるようなわかりやすくシンプルな内容

個人の練習題材ではなく相手に聞かせる場合であれば、視聴者の年齢層や読む際のシュチュエーション(いつ?・どこで?・なにを?)などを意識して、「声量」「スピード」「間」の3つのポイントを意識してみてください。

選び方のポイントについては、以下の記事を参考にしてみてください!

というわけで、ここでは短編作品としてできるだけ読みやすく聞きやすいものを選びました。

ぜひ、それぞれのシーンに適したジャンルの作品を探してみてくださいね!

『注文の多い料理店』宮沢賢治

出典:Amazon.co.jp

国語の教科書にも掲載されるほど著名な作品ですね。

童話としては明快な内容ですが、文明やヒューマニズムへの風刺と捉えると実に奥が深い内容となっており、大人が読んでも飽きない作品です。

読み手の解釈によって、それぞれの言葉をどう伝えるかといった表現の楽しみもあります。

created by Rinker
¥460 (2021/04/19 13:29:46時点 Amazon調べ-詳細)

『積木の町』スティーブンソン

出典:Amazon.co.jp

子どもの頃、誰もが経験したことのある積木遊び。

「積木でなんでも造られる。」という冒頭の一文に、子どもがもつ無限の可能性が表現されています。

話の内容はいたってシンプルで短いですが、前半と後半のメリハリが効くとより作品の魅力が出るのではないでしょうか?

『深呼吸の必要』長田弘

出典:Amazon.co.jp

長田弘さんの出世作ともいえる二章三十三篇の散文詩集。

ごくありふれた優しく問いかけるような文章もそうですが、「言葉が沁みる」とはまさにこれか…というくらい一語一句を大切にしたくなります。

『あのときかもしれない』など、子どもにも大人にも読んでもらいたい作品です。

created by Rinker
¥682 (2021/04/18 17:14:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥6,600 (2021/04/19 01:50:08時点 Amazon調べ-詳細)

『モンテロッソのピンクの壁』江國香織

出典:Amazon.co.jp

イラスト付きの短編小説で、猫のハスカップの旅を描いたとても空想的なお話です。

「私はモンテロッソにいかなくちゃ。何かを手に入れるためには何かを諦めなきゃいけないことくらい、私はよく知っている」

夢で見たモンテロッソのピンクの壁を追い求めたハスカップ。

読み終えて感じたことは、「ピンクの壁」=「夢」や「自由」と結びつけると、大人でも考えさせられる内容だなあと…。

ページごとの文量も少なく、半分程度はイラストが添えてあるので、読み聞かせにも最適な一冊。

こちらの『モンテロッソのピンクの壁』の他、30余の短編童話を収録した理論社から出版の単行本もおすすめです。

created by Rinker
集英社
¥693 (2021/04/19 01:50:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
理論社
¥1,760 (2021/04/19 14:18:50時点 Amazon調べ-詳細)

『きのこ会議』夢野久作

出典:Amazon.co.jp

猟奇的な内容の作品が多いイメージの作家さんですが、「きのこ会議」はクスッと笑ってしまうような結末のお話です。

登場するきのこたちや人間家族も含めてセリフパートも多いので、聞く側にとっても親しみやすい作品ではないでしょうか?

『すき』谷川俊太郎

出典:Amazon.co.jp

詩人・谷川俊太郎さんの48篇からなる詩集。

ひらがな主体の文体は一見すると子ども向けかと思いますが、老若男女すべての人に刺さる一冊です。

「生」について明るくも深く問いかける内容は読者の様々な感情をあぶり出してくれるもので、歳を重ねるごとにその一文一文が重みを増してくるはず。

created by Rinker
理論社
¥1,815 (2021/04/18 21:46:05時点 Amazon調べ-詳細)

『春の詩集』河井酔茗

出典:Amazon.co.jp

明治〜昭和中期に渡って長く活躍した詩人・河井酔茗の作品。

穏やかな文体の中に、激しく叙情的に問いかける様は、おもわず最後まで耳を傾けたくなりますね。

短編ですが多くの大人に聴いてもらいたい、そんな、読みごたえのあるおすすめの作品です。

「朗読」参考サイト

はじめて朗読をする方にとって参考になるサイトが「青空朗読」です。

こちらは、青空文庫に掲載されている作品の朗読を試しに聞くことができるので、ぜひ読む前に一度参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

大人から子どもまで、多くの人に聞かせてあげたい作品を厳選しました。

ここで良い作品が見つからなくても、何となく朗読しやすそうな作品がわかっていただければ幸いですし、こちらを参考にした上でまずはご自身の思い入れのある作品に挑戦してみるのもありだと思います。

他にも作品を探してみたい場合は、以下の記事でもおすすめをピックアップしているのでぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント

  1. […] Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー […]

  2. […] Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー […]

  3. […] Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました