【声優学校・養成所】入学後の生徒の雰囲気や授業ってどんな感じ?

業界・進路対策

これから声優学校や養成所へ入学したらどんな生活になるのか?

声優学校ってなんか独特な雰囲気ってイメージですよね。どんなことをして、どんな生徒が集まるのかなど、入学前にちょっとした不安を抱える人も多いかと思います。

というわけで、この記事では声優志望者が入学後のイメージをしやすいように、学校や養成所の様子、生徒の雰囲気や授業などをより具体的にピックアップしてご紹介します。

筆者が、学校・養成所に通った経験を通して感じたことや印象なんかも含めてよりイメージしやすく書いていけたらと思います。

スポンサーリンク

声優学校の雰囲気

まずは、声優学校や養成所がどんな雰囲気なのかって不安になりますよね?

こうした場所は独特の雰囲気があり、普通の学校とは違い全員がライバルですしレッスンでは張り詰めた空気もあります。

そんなにやばいところなの?と思う人もいるかもしれませんが、これは学校や講師・生徒の意識によるところが大きいので、毎回「息が詰まりそうなレッスン」というわけでもないです。正直なところ、講師や生徒によるところが大きいかもしれません。

それに教室や稽古場を出れば、ロビーに集まってみんなわりと和やかにその日の授業のこととか話してます。趣味が合う場なので交友関係もすぐ広がると思いますし、授業の悩みを話せる仲間ができると支えながらも高め合えたりできますよ。

生徒

クラスにはとにかくいろんな人が集まります。声優を目指しているからこそすごく明るい人もいれば、まだ奥手な人もいますしとにかく個性豊かといえばそうかもしれません。

クラスを引っ張るリーダー気質な人友好的で明るいムードメーカーな人
優しく面倒見がいい人個性的でマイペースな人
負けず嫌いで完璧主義な人蛾が強く一匹狼な人

はじめはクラス内で打ち解け合うのも大変かと思いますが、目指す目標は同じです。負けない気持ちも大切ですが、芝居や作品は一人ではできないことなのでライバルでありながらも仲間意識を持つことが大切かなと思います。

また、学校と養成所でも雰囲気は多少違ったりするので、次にその点を詳しく書いていきます。

学校

全日制に限ってですが、専門学校やスクールというのは年齢層が18〜20歳に集中しています。

全国から高校を卒業してすぐに入る人など未経験者も多く、良くも悪くも学生的な雰囲気が強いです。僕の印象では、養成所に比べ学校のほうがアニメやゲーム好きな人もたくさんいたし、初めから和気藹々とした雰囲気がありました。

ちなみに2年目以降になると、所属や進路先が決まっている人とそうでない人、実力がある人と伸び悩む人など、クラス内でも徐々にモチベーションの差が現れ多少ギクシャクしたりもあります。笑

クラスによって違いがあるので一概には言えませんが、未経験者でも馴染みやすく目指しやすい環境です。

声優学校の特徴

年齢・経験・実力が全体的にフラットなため、わだかまりもなく接しやすい

悪くいえば意識が低く突出して上手い人が少ない

クラスによって雰囲気の良し悪しあり

2年次から徐々に個人差が生まれクラスがまとまらないケースも

養成所

養成所は場所によって雰囲気は様々ですが、大手や有名どころなど入所するにあたって高倍率なところは総じて生徒の意識やレベルも高いです。

経験年数や年齢層もバラつきがあることから、個々にプライドや覚悟をもって入る生徒が多く、母体プロダクションへの直接所属が見込めるため、目標や競争意識が芽生えやすい環境です。そのせいか、学校よりもクラス全体に緊張感のある雰囲気が漂っています。

そして、授業の課題発表や審査前になるとさらに緊張感が増します。

入所できたものの、こうした環境に馴染めず辞めていく生徒もいますし、周りとの比較から自信をなくす子も結構いたりするんです。

未経験者がいきなり飛び込むには厳しい環境ですが、メンタルに自信がある人や覚悟を持って臨める人におすすめしたいです。

声優養成所の特徴

年齢・経験・実力にバラつきがあり、まとまりに欠ける部分も

未経験者もいるものの全体的に意識やレベルが高い

生徒が講師の評価や自らの立ち位置を気にしすぎる印象

学校と養成所にはそれぞれのメリット・デメリットがあり、レベルが高いほど集まる生徒の意識も高いといえます。

とはいえ、同じ目標を持った仲間が集まり自然とレッスンを通してコミュニケーションをとることが多い環境なのでとても交友関係を築きやすいですよ!

これから進路を決めようと考えている人には、学校と養成所の根本的な違いについて取り上げたこちらの記事もおすすめです。

入学後の授業

ここまでクラスや生徒の雰囲気について書いてきましたが、授業のイメージが今ひとつ湧かないと思うので、ここから具体的に授業の様子について紹介したいと思います。

時間割

声優学校時間割

【1限】9:00〜10:30

【2限】10:40〜12:10

昼休憩

【3限】13:00〜14:30

【4限】14:40〜16:10

【5限】16:20〜17:50

【6限】18:00〜19:30

養成所時間割

【クラスA】11:00〜14:00

【クラスB】14:30〜17:30

【クラスC】18:00〜21:00

授業時間は、一般的な専門学校であれば大学と同じ1コマあたり90分です。養成所だと機関によって様々で、1コマ90分のところもあれば180分などクラスや生徒数に応じた時間割が組まれています。

詳しくは対象の機関のHPや資料請求で確認することをおすすめします。

レッスン前の流れ

声優学校や養成所では、授業開始前に準備やアップをしておくことが常識なんです。

最初はこの雰囲気に少しびっくりするかもしれませんが、授業開始の30分〜1時間前からアップをしておかないと、授業で「声が出てない」「芝居のテンションが低い」といろいろ指摘を受けることにつながります。

【レッスン前の日常】

着替え→ウォーミングアップ→発声・滑舌→自主練

また、授業が進むにつれて次第に課題が増えていくので、全体での合わせ稽古もすごく大事です。

よく稽古場が使えないときに近くの公園や公共施設で練習をすることも日常茶飯事で、結果的に授業よりも自主練や仲間同士で練習してる時間の方が圧倒的に多くなったりするので、四六時中芝居浸けの生活になっていくと思います。

僕自身もそうだったんですが、こうしたレッスンのための全体練習というのが本当に多かったので、スケジュール管理やバイトの兼ね合いなどに気を使いながらなるべくほとんどの練習に参加するようにしてました。

授業内容

次に、気になる授業内容についてですが、一番最初の授業はガイダンスが中心で、講師が授業の概要を説明したり生徒に心構えなどを話すことがほとんどですが、生徒に簡単な自己紹介やレッスンを行うケースもあります。

カリキュラムにもよりますが、2回目の授業から発声や滑舌といった演技の基礎的な部分を教え込まれ、授業が進むにつれて徐々に台本を使ったセリフ回しや表現の仕方などへ発展していきます。

普通の学校にあるような座学というものは割合少なく、体を動かすものが圧倒的に多いです。

残念ながら、多くの人が憧れる「マイクを使って映像に合わせてアフレコ」といったことは最初はほとんどないと思っていいです。笑

僕の印象では、専門学校ではレクリエーション要素が強く楽しみながら取り組む内容で、逆に養成所ではスキルアップに特化した地道な授業が多い印象でした。

講師によっては、業界話やこれまでの体験談などをしてくれる人もいれば、ひたすら授業の内容を教え込む人もいたりと様々ですし、厳しく指導する人だと挨拶や礼儀、声の大きさ一つとっても細かく指摘されます。これに慣れるまでは心が折れそうになります。笑

そうやって自然とそれぞれの授業・クラスの雰囲気ができてくるので、学校や養成所といった環境だけでなく指導者によってもかなり違ったりします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?、声優養成機関というのは、普通の学校とは違った独特の雰囲気があります。恥を捨てなければいけなかったり、厳しいことを言われたり、自分の実力を痛感したり…。

メンタルの強さが大事になってきますが、その反面交友関係を作りやすい環境ですし、熱意のある講師は親身になって指導してくれます。

環境に慣れ、周囲と協力大切に、充実した学校生活を送ってくださいね。

引き続き、入学前にはじめておきたい自主練習と心構えについてはこちらの記事で紹介しています。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

タイトルとURLをコピーしました