【養成所選びはキャストから?】声優プロダクションの特徴を知る方法

業界・進路対策

声優事務所ってたくさんあるけどそれぞれどう違うんだろう?

自分がやりたいことと合致するプロダクションの見つけ方ってあるのかな?

一般の人からしたら、芸能界ってわかりずらかったりしますよね。

今回はこういった疑問にお応えます。

この記事では、プロダクションとテレビ局の関係性を知り、自分に合った事務所の見つけ方についてご紹介していきます。

養成所選びで迷っている方には、特におすすめしたい内容となってます。

スポンサーリンク

プロダクションを知るには番組がおすすめ

声優志望者の場合、とかく内容や演技などに気がいきがちですが、番組の冒頭やエンディングに流れるテロップを注視しておくのがおすすめです。

出演者やスタッフ、制作会社など色々な情報が出てきます。

「あの声のナレーターってこの番組にも出てるんだ」とか

「このアニメはあの事務所から多くキャスティングされてる」とか

「あの番組とこの番組は制作会社が一緒だ」とか

『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』などの東映アニメーションは青二プロダクションのキャスティングが大半です。

ということは、同じ若手声優でも他の事務所に比べて圧倒的に出演できる確率は高かったりします。

また、NHKの番組は81や俳協のキャストが多いですし、KADOKAWA関連のアニメはプロダクション・エースという印象ですね。

こうした傾向を調べておくと、自分はこういう仕事がしたいというイメージに合った進路が見えてきます。

業界に長くいれば細かくわかる部分もありますが、若いうちは何かと苦労することもあります。

よく、「この事務所に入ったけど思ったような仕事ができない」という声優さんもいます。

もちろん入ってみないとわからないところもありますが、やはり強みや特色というのはそれぞれの事務所で違ったりするので、なるべく後悔しないように勉強しておくことも大切です。

注意点

自分の好きな声優がどんな番組に起用されているか?というのは気になるところですが、それはあまり参考にならなかったりします。

前述したポイントと矛盾してるかもしれないですが、一人の声優やナレーターに目を向けるよりももっと広く満遍なく研究しようという意味です。

実績がある声優さんはもうすでに個人の名前がブランド化しています。

指名でもらえる仕事もあるので、事務所の特徴というよりも個人の力量によるところが大きいかと。

【ジャンル別キャスティングの傾向】

アニメ、ゲーム…主要キャストはオーディションがほとんど

外画、ナレーション…候補の中から指名されることが多い

自分と近しい立場からヒントを得る

参考になるのは、若手・新人声優の方々です。

出演作品やSNSなどからどんな活動をしているのかがわかるので、自分が所属した場合と照らし合わせてみるのも一つの方法です。

ほとんどの人が、所属してからトントン拍子で売れるわけでもなく、事務所から受けた仕事やオーディションのチャンスを活かさなければいけません。

実績を上げて売れるまでは、事務所やマネージャーの影響がかなり大きいということです。

プロダクションを知る方法

  • 番組のテロップや声優・ナレーターの出演歴などを参考に研究
  • 番組やテレビ局などがどういったテイストの番組を作っているのかを理解する
  • 若手・新人声優はどんな仕事をしているか

まとめ 〜ファンではなくプレイヤー目線を意識〜

普段なんとなくでみていた好きな番組も、細かいところをチェックしておくとプロダクションの特徴や業界との繋がりが見えてきます。

これからは、「自分が声優になったら」というプレイヤー目線でぜひ研究してみてください。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました