【独学で声優】通わずに学ぶ新しいルートについて

業界・進路対策

毎年多くの声優志望者が業界の門をたたきます。

プロになるための必要な要素として、声や演技力などが挙げられると思いますし、近年ではビジュアルやキャラクターといったメディア(一般)受けする魅力も求められがち。

声優になるにしてもすごくハードル上がったなって思いますよね?

声優は専門的な知識や技術が求められる職業です。

やはり、どこかの学校や養成所へ行くのが現在では常識です。

しかし、一方で学ぶ方法や選択肢は増えたとも思います。

ということで、今回は独学で声優になれるのか?という疑問に対して、現状の学び方を考察した上でその可能性について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

独学で所属した実例

まずは、ちょっと気になった記事があったので紹介したいと思います。

独学でデビューした声優さんのインタビュー。

→(アオハルさんより)

小学生の頃に劇団に通っていたとはいえ、声優学校に通わずオーディションを突破しプロになられたということです。

金銭面や家庭の事情など、現在でも同じような理由で学校に通いたくても通えない人にとっては希望が持てる内容かと思います。

独学と学校、それぞれのデメリットを結崎さんなりに挙げてらっしゃるのが興味深いですね。

鉄板ルート

鉄板ルートといえばやはり学校養成所

今では様々な育成機関がありますよね。

以下でそれぞれの特徴を簡単にご紹介します。

専門学校・スクール

基本的に学校法人と称するところが専門学校、そうでない無認可の学校はスクールと呼ばれます。

これらは基本的に2年制で、学校によってはいくつかの専攻を選べるカリキュラムの豊富さが特徴です。

近年、スクールによっては夜間・土日・ジュニアコースなんかもあったりで、昔に比べある程度通いやすくはなった傾向です。

大手であれば、学べる環境やオーディションサポートなどかなり充実していますが、その反面コストや場所、時間に縛られるといった印象ですね。

養成所

プロダクション付属の声優養成機関です。

養成所と聞いてあまりイメージがつかない人もいるかもしれませんが、実際やることは声優学校とそこまで変わりません。

それぞれの養成所によって期間やシステムは異なりますが、半年〜3年程度学びいくつかの審査を経て所属扱いとなります。

専門学校よりも学費はやや低めですが、授業数やカリキュラムは限られたものになりがちです。

ほとんどのところで入所審査があるため敷居は高いものの、特定のプロダクションに入りたい人にとっては最も可能性の高いルートといえます。

ただ、養成所は都内に集中しているため、地方から目指す場合だと上京して一人暮らしをしなければいけません。

その他の選択肢

やはり、学校や養成所だと通い続けるには諸々のデメリットがあったりします。

ということで、この鉄板ルート以外の方法をご紹介します。

劇団

一つの方法としては、劇団に入って演技の基礎を学ぶのがおすすめです。

実際、大御所の声優さんは劇団出身者が多いんです。

昔は、今のように声優という職業自体認知度が低かったこともあり、専門的な学校や養成所なんてほとんど無かったのがその理由です。

劇団ですから、もちろん専門的な声優スキルを学べるわけではありません。

ですが、基礎を固めつつ舞台を経験することで未経験者にありがちな恥ずかしさや緊張にも慣れていくはずです。(オーディション時にも役立ちます!)

実際、専門学校でも1年目は演技基礎や舞台慣れといったカリキュラムが多かったりするので、この辺の要素はものすごく大切だったりします。

ワークショップ

もう一つは、ワークショップに通いつつオーデションを受ける手段。

個人で開かれるものから事務所と提携したものなど、多種多様なワークショップがありますが、他の学校や養成所に比べて授業料も安く、目指そうか迷っている人でも気軽に学べるのがメリットです。

また、タイミングによってはオーディションを紹介してもらえるケースもあります。

ただ、学校や養成所以上に特定の授業カリキュラムしか扱わないケースが多いので、入る際はどういったものかを見極める必要があります。

独学の方法

上記で紹介した劇団やワークショップも一つの選択肢ですが、今の環境じゃ通えないという人にとってはどうすればいいかが問題ですよね。

僕も、専門学校に通う前なんかはよく声優関連の書籍なんかを読み漁ったりしました。

発声方法や滑舌を良くするポイント、プロの方々が紹介する心構えなど。

「少しでも何かしておかないとライバルに負けそう…」

不安と焦りで、目に付いた「声優」という文字に飛びついて情報を得たのを覚えています。笑

冒頭でも書いたように、これから目指す人にとってはチャンスを掴むための方法ってたくさんあると思います。

書籍やオンライン

ネットを使っての独学を想像すると「難しいんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

確かに、面と向かってレッスンを受けたりすることができない分かなりの弊害はありますし、信頼できるものをしっかり見極めないといけません。

しかし、文章だけでなく音声や映像など、今ではあらゆるツールで「声優」について学べますし、これからどんどん伸びていく分野です。

独学の方法

  • 書籍
  • 通信スクール(講座)
  • メールマガジン
  • コミュニティ
  • オンラインサロン

それぞれの内容にもよりますが、これまで挙げてきたような学び方よりも低コストで時間や場所の制限も比較的厳しくないものが多いです。

独学で大切なのは、自分自身で時間を作り行動することです。

個人の学び方次第では、今の時代決してプロになれないわけではありません。

独学でも成長できる?

僕が専門学校に入った当時、同じ同期の子で未経験ながらすでに発声や滑舌などそれなりにレベルの高い子がいました。

そして、すぐにオーディションに受かってたんです。

なんでも、高校を卒業して1年独学で学んでから専門学校に入ったとのこと。

当時びっくりしたのを覚えてます。笑

その子は専門学校に入ったのちに結果が出たとはいえ、独学でも努力次第で成長できるということです。

独学に向いてる人

あくまで個人的な意見ですが、個人でも伸びる人というのは「行動」できるのが大前提だと思います。

どんなことを見て聴いて学んだとしても、結局自分で行動して実感したことが身に付くはずです。

「ああ、あのときの意味はこういうことだったんだ」とか。

あわせて、耳が良く感性が鋭いか

これは才能かもしれませんが、当然成長スピードも速いです。

例えば、100の情報を10理解できる人と80理解できる人では大きな差がありますね。

やはり、独学に向いてる人は個人でも成長できるし、そうでない人は行動せざるを得ない環境へ行き人から直接影響を受けた方がいいと僕は思います。

まとめ

毎年多くの志望者が学校や養成所を選択するなか、あえて独学という道を進むのは相当な勇気と覚悟が要りますよね。

今となっては決して不可能ではないことも確かです。

学校に通うことと同じように、独学にはそれ相応のデメリットがあることを理解しつつ参考にしていただけると幸いです。

以下の記事では、こちらで書いた内容に関連した心構えや練習について紹介しているのでおすすめです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました