『東京ミュウミュウ にゅ〜♡』声優オーディションの内容と対策

オーディション

先日発表され、声優志望者の間でも話題になっているのが『東京ミュウミュウ にゅ〜♡』声優アイドルオーディション。

なんと合格した場合は、主役声優プロダクション「スワロウ」との専属契約が約束されています!

ですが、実際に応募しようか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

実はこのオーディション、調べれば調べるほどかなりおもしろい企画では?と感じてます。

というわけで、この記事では『東京ミュウミュウ にゅ〜♡』声優アイドルオーディションの詳細と特徴、さらには合格するための対策を深掘りしご紹介していきます。

スポンサーリンク

『東京ミュウミュウ』とは?

今回の対象作品である『東京ミュウミュウ』は、2000〜2003年に講談社『なかよし』内で連載されアニメ化もされた少女漫画作品で、主人公・桃宮いちごをはじめ各ヒロインたちの戦いを描いたファンタジーストーリーになっています。

そして、今回『なかよし』創刊65周年を機に『東京ミュウミュウ にゅ〜♡』として完全新作アニメ化が決定しました!『なかよし』好きな方なら、懐かしいと思う人も多いかもしれませんね。

オーディションの特徴

では、実際にどんなオーディションなのかを詳しくみていきたいと思います。

今回行われるオーディションの特徴は、大手企業でもある講談社とポニーキャニオンに加え、mysta株式会社というベンチャー企業が絡んで共同で行っているところでしょうか。

審査がちょっと特殊で、応募者はmystaアプリをインストールし、動画投稿することが大前提のようです。

そして、さらに特徴的なのがmystaユーザーが投票に参加できるというところ!

この動画投稿審査(1次〜3次)に加え、イベント(4次)や合宿(最終)もあったりと、特殊かつ大型オーディションです。

以下でこのオーディションのポイントをまとめます。

  1. ユーザー参加型
  2. アプリ内オーディション
  3. 動画審査・投票
  4. イベント・合宿審査

ここ最近徐々に流行り始めているオンラインによるユーザー参加型オーディションですが、応募者がこうしたオーディションで勝ち抜くためには、ある程度仕組みを理解しておくことも必要かなと思います。

このポイントについては、記事の後半で深掘りします。

オーディション概要

  • 合格者特典:「スワロウ」専属契約+桃宮いちご役としてデビュー
  • 募集期間:2020年4月2日(木)22時22分〜2020年5月11日(月)
  • 応募費用:なし

応募資格

  • 女性
  • 小学生~30歳(2020年4月2日現在)
  • 国籍不問
  • 他のプロダクションに未所属(エントリー時点で所属の場合は条件あり)
  • アイドル、声優を中心としたタレント活動に興味がある
  • 国内外問わずインターナショナルな活動にチャレンジ出来る
  • 未成年者は親権者の同意が必要

審査スケジュール

  • 2020年4月2日(木)22時22分 オーディション発表 エントリー募集開始
  • 2020年5月11日(月) エントリー締切
  • 2020年5月18日(月)~ mysta審査1次審査 動画投稿開始
  • 2020年5月25日(月)~2020年5月31日(日) mysta審査1次審査
  • 2020年6月8日(月) mysta審査1次審査 合格者(審査員賞)発表
  • 2020年6月8日(月)~ mysta審査2次審査 動画投稿開始
  • 2020年6月15日(月)~2020年6月21日(日) mysta審査2次審査
  • 2020年6月29日(月) mysta審査2次審査 合格者(審査員賞)発表
  • 2020年6月29日(月)~ mysta審査3次審査 動画投稿開始
  • 2020年7月6日(月)~2020年7月12日(日) mysta審査3次審査
  • 2020年7月20日(月) mysta審査3次審査 合格者(審査員賞)発表
  • 2020年8月22日(土) イベント審査4次審査
  • 2020年9月20日(日)~2020年9月22日(火祝)合宿審査 最終審査 (2泊3日)

※予定変更の可能性あり

※【動画審査】ユーザー投票通過者と審査員賞獲得者が選考の通過者

※【イベント審査】都内近郊で実施されるイベントでのステージパフォーマンスを中心とした審査

現在、新型コロナウイルスが流行っており、審査スケジュールの変更も充分考えられるので、スケジュールに関しても柔軟に対応できる方が望ましいでしょう。

講師陣(審査員)についてはこちらの記事で!

対策

審査の細かいことまではわからないのでざっくりとした見解ですが、ここからは僕が考えるオーディション対策を書いていきます。

審査スケジュールを見てわかるように、最終まで残れば長丁場なオーディションになります。約半年くらいはこのオーディションにコミットしなければいけませんし、その他の活動が制限されるというリスクを考えて応募を諦める人もかなりいるかもしれません。

以前アニメ化された『東京ミュウミュウ』では、桃宮いちご役を中島沙樹さんが演じられており、当然、中島さんの声質に近い人はちょっと有利だと思いますが、全く新しい声質でもハマれば可能性はありそうです。自分なりの桃宮いちごをイメージしてみるといいかもしれません。

さらにいえば、スワロウ専属契約ですから将来性も見越しての審査になるのではないでしょうか。応募条件が、小学生〜30歳以下のプロダクション未所属者ということで、”色の付いてない新人”を求めています。

そして、今回はmystaとの共同オーディションの特徴を理解しておくことも大事です。

mystaでの動画審査は、作品関係者は目の肥えた方も多くキャスティングという視点で見ていますが、一般ユーザーは必ずしも全員がそうではないですよね。動画として見たときに、誰でも伝わりやすいまたは興味を惹く内容(パフォーマンス)にすることもポイントです。

例えば、画角とか音質とか。服装や髪型以外にもこだわれるところはありそうですね。

さらには、SNSなどを活かしファンや特定の視聴者を獲得しているような人は有利なこと間違いないです。とはいえ、mysta審査はあくまで3次までなので、ちょっとしたインフルエンサーで、なおかつ実力や将来性がある人が最終審査に残りやすいかもしれません!

実力+人気+動画のクオリティ

その他にも、イベントを通してのステージパフォーマンス審査や2泊3日の合宿審査など、声優としてだけでなく、アイドル性や人柄なんかもチェックされるはずです。

こうしたオンラインでの公開系オーディションは参加者側のリスクもあるので、応募の際は充分検討し判断することが大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

いろいろ挙げましたが、やはりオーディションでは熱意を伝えることが一番大切です。

こうした人気を集めるオーディションはあまりないチャンスだったりするので、一度経験してみるのもいいかもしれませんね。

その他、オーディション関連の記事も掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

追記

オーディション審査が終了し、2021年2月2日にキャストが発表されました!

その他最新トピックスもあわせて、詳細はこちらから!

コメント

  1. […] 『東京ミュウミュウ にゅ〜♡』声優オーディションの内容と対策『東京ミ… […]

タイトルとURLをコピーしました