【腹式呼吸ができない…】日常から簡単にわかる3つのポイントと実践法!

練習法

発声練習の前に行う、欠かせない基礎トレーニングが腹式呼吸です。

声優学校や養成所に通えば必ずはじめに教わることですが、なかなか上手くできない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、現在ナレーターを中心に活動している僕が、腹式呼吸をマスターしたい人におすすめの3つのポイントと実践法を解説していきます。

上手くできない人でも、ちょっとした日常の行動をヒントにすることで上達できるので、ぜひ実践してみてください!

スポンサーリンク

腹式呼吸のメリット

「正しい発声には、まず腹式呼吸」と口すっぱく言われますよね?

では、なぜ腹式呼吸が大切なのか?、これにはいくつかの理由があります。

  • 喉を痛めない
  • ロングブレスが可能
  • 音域が広がる
  • 音圧が増す

主にこういったメリットがありますが、どれも声を活かすためにはとても重要なことですよね?

これらは、「声が枯れ」「息切れ」「抑揚のなさ」「声量のなさ」につながるので、腹式呼吸といえど侮れません。

発声のやり方を覚える前に、しっかりと呼吸をマスターしておくことが超重要なんです。

「腹式呼吸」3つのポイント

そもそも腹式呼吸ができないときって、出来ているのかすらわからなかったりしますよね?

昔の僕とかまさにそうなんですが、指摘されたところを意識しても感覚が掴めなくて、もう頭が混乱状態だったりしてました。

僕自身、覚えるまでにあれこれ考えてしまい苦戦した思い出があるように、難しく考える人ほど結構陥りやすい課題だったりしますし、そのほかに緊張しがちな人も時間がかかる印象です。

なので、こうした方に向けて、腹式呼吸のコツをシンプルに「3つのポイント」にまとめました!

①リラックス ②喉を開く ③お腹でコントロール

まずは、この3点だけ意識してもらえれば、繰り返し練習することで感覚的にできるようになるはずです。

これらをもとに、以下で腹式呼吸のコツを掴む3つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク



コツを掴む3つの実践法

実は、腹式呼吸のヒントは日常にあったりします。

普段の自分がどのように身体を使っているのかを常に思い返しながら以下の方法を参考に感覚をつかんでみてください!

仰向け

腹式呼吸で指摘されがちなことと言えば、正しい姿勢で行うことかもしれません。

ですが、立った状態で上手く出来ない人は、息が上がっていたり、肩に力が入っていたりするので、まずは身体を仰向けにすることをおすすめします。

僕も当時これを言われたときは、「あ、確かに!」と思ったんですが、人は寝ているときは腹式呼吸です。

毎日眠る前でもいいので、呼吸やお腹はどんな状態で動いているのか?

そのとき口で呼吸してみたり、お腹を膨らませたり凹ませたりしてみると、なんとなくでも呼吸とお腹が連動しているのがわかるはずです。

リラックス

仰向けになったとしても、いざ腹式呼吸となると無意識に力が入ってしまいがち。

先ほども挙げたように、腹式呼吸ではリラックスすることがとても大切なんです。

個人的におすすめなリラックス法が、10秒間全身の筋肉を緊張させる方法です。

逆だろ、と思うかもですがこれを繰り返せばその後どっと疲れがきて脱力できますよ!

仰向けのまま10秒×3セット

  • 全身の筋肉を緊張させる
  • 両拳をギュッと握り続ける
  • 目をギュッと閉じる

終わってしばらく呼吸を整えたらリラックスできてると思います。

緊張は、あれこれ考えてしまうことが原因だったりもするので、頭の中も身体も無意識な状態にもっていくことで自然と腹式呼吸できるんです。

あくび

呼吸に合わせて軽く声を出してみたいとき、どうしても喉が締まってしまう人も多いのではないでしょうか?

腹式呼吸がわかっても、実際に発声で喉が開いていないと意味ないですよね?

こんなときに、役立つ日常のヒントが「あくび」です。

実際にあくびをするときって、喉が全開になって、声も野太いはずです。

このとき、呼吸に合わせてお腹もしっかり凹んでますし、まさに腹式呼吸から発声へのヒントが詰まってる行動なんです!

普段のあくびを何度も再現し、喉奥の開き具合やお腹の動きを確認してみましょう。

まとめ

仰向け+リラックス+あくび=腹式呼吸の練習は就寝前がおすすめ

腹式呼吸の3つのコツを紹介しましたが、これらを試す絶好のタイミングは就寝前です!

眠いところを頑張って毎回時間を作ることで、腹式呼吸の感覚を掴むことができるはずですよ。

ぜひ、これらのコツを意識してマスターしてください!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました