【声優オーディション】絶対に緊張に打ち克つ!〇〇〇トレーニング法

オーディション

未経験から演技を勉強している人にとって、上手い人の演技ってとても参考になりますよね。

ですが、中にはマイク前や人前になるとどうしてもうまく力を発揮できない人も少なくないはず。

いわゆる”あがり症”や”緊張癖”、”恥ずかしがり屋”な人は、最初にこの壁にぶち当たってしまうのではないでしょうか?

あの独特な雰囲気ってなんだか変な汗が出てきますよね。

ですが、これまでいくつかの声優オーディションを経験したりパフォーマンスが上手な人を見てきた限り、合格に近づくにはやっぱり集中力が必要不可欠だと感じたんです。

そうして僕自身も、集中力を高めることで結果的にいくつかのオーディションで結果が出たりプロダクション審査に合格したりすることができました。

声優を目指すとなると、とかく演技力やテクニックについて取り上げられることが多いかもしれませんが、「役に入り込む」と言われるように、いかに心をコントロールできるかってのもすごく重要なことだったりします。

だからこそ、今声優を目指している人には、スキルや知識と同じくらいにメンタルを養うことをおすすめしたいです。

というわけで、ここではオーディションのパフォーマンスを向上させるための集中力を鍛える方法を紹介します。

簡単に実践できるおすすめの方法を集めたのでぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

集中力の重要性

この記事を読む多くの人が「あがり症を克服したい」「もっと良いパフォーマンスをしたい」と思っているはずです。

とはいえ、集中力ってそんなに大切なこと?と感じる人もいるかもしれません。

確かに、なんだか抽象的だし目に見えないことでもありますよね?

ですが、実際に声優学校や養成所では集中力を高めるカリキュラムもあるんです!

例えば、全身の力を抜くことを目的としたリラクゼーションや呼吸を整えて集中する瞑想など。

イメージトレーニングなどもそうですが、心技体の「心」を鍛えることもものすごく重要なんだなあと、当時の僕は授業を受けながら実感しました。

個人で行う際も、しっかりとした環境と時間さえあれば誰でもできることなのでぜひ継続して実践してみてください!

緊張に打ち克つ!集中力トレーニング法

環境づくり

いきなりでピンと来ないかもしれませんが、集中するための環境づくりはとてもおすすめ。

日頃の生活を見直し、つい余計なところに意識が向いてしまうものを断捨離してみましょう。

部屋の模様替えもいいですし、一日のタイムスケジュールを変えてみるのもいいかもしれません。

こういうことって学校では教えてもらえないことですが、目標に集中する、気が散るクセを治すという意味でも効果的です。

充実した毎日が習慣化すれば、おのずとポジティブ思考や自信もついてきますよ!

姿勢矯正

オーディションでは、姿勢一つでものすごく印象が変わってきます。

胸を張って背筋をピンとするだけでも、なんか自分に自信がついたような気分になりますよね?

姿勢矯正におすすめなのが壁を使ったトレーニングで、これは誰でも簡単にできちゃいます!

3分間、以下のポイントを押さえつつ壁にぴったり付くだけで終わったときに姿勢がまっすぐになっているはずです。

【ポイント】

  • 顎を引く
  • 両足を肩幅くらいに開く
  • 後頭部をつける
  • 肩甲骨をつける
  • お尻をつける
  • かかとをつける

かかとから頭のてっぺんまで一本の棒を通す意識をもっておくのがおすすめです。

運動

ジョージア大学の研究によると、20分の軽い運動をすることでその後の3〜4時間は認知能力・考察力、そして集中力が高まることが立証されています。

運動によって血流が改善することでドーパミンが放出され高い効果が得られるんです。

また、公園や緑道など自然を感じられる場所では、気分のリフレッシュ・リラックス効果も期待できます。

台本を覚える際に歩きながら行う人もいるように、運動はとても理にかなった方法なので、ぜひ隙間時間を活かして身体を動かすことを意識してみてください!

瞑想

瞑想と聞くとなんだか信用できない人もいるかもしれませんが、科学的にもあらゆる効果が立証されています。

  • 集中力アップ
  • リラックス効果
  • 緊張・不安を和らげる
  • 注意力・自制心の向上
  • 睡眠の質向上

以下の方法で、まずは1日3分からはじめてみてください。

じっくりと姿勢を整えてから鼻から吸って口から吐く、呼吸を意識し無駄な思考を排除することが大切です。

5分10分と少しずつ時間を増やし継続していくだけで確かな効果があるはずです。

出典:『自分を操る超集中力』P.155 メンタリストDaiGo かんき出版

準備

大事なオーディションや仕事の前になると、様々な不安が襲ってくると思います。

いざ本番当日にそうした不安がよぎると、ネガティブな思考にはまって注意力や集中力まで落ちゃいますよね?

たとえ些細なことでも、気になることがあればあらかじめ準備を徹底しておきましょう!

朝のトレーニング、朝食や着ていく服に髪型、荷物、電車の時刻からアクセス方法などなど…、オーディション内容だけでなく、建物や会場、駅周辺の下見も可能であればしておきたいところですよね。

イメージできることで、緊張も和らぎ無駄に頭を働かせることなく本番に臨めるはずです。

パフォーマンスの質を高めるためには、本番と同じくらい準備にも気をつけてみてください。

おすすめ書籍

ここで紹介した内容から、さらに具体的に集中力を鍛える方法が知りたい!という人向けにおすすめの本を紹介します。

個人的にとても参考になった一冊が、メンタリストDaiGoさんの『自分を操る超集中力』。

出典:Amazon.co.jp
出典:Amazon.co.jp

集中力を高めるためのアプローチ方法を、環境・食事・睡眠などあらゆる私生活から深く掘り下げて解説しており、とてもわかりやすく「メンタルの扱い方」が理解できる一冊です。

”試験前にあらかじめ〇〇を書き出す”、”〇〇を薄くすることで、自信と集中力が持続”など、本番前のプレッシャーを活かす方法も詳細に書かれているので、強いメンタルを身に付けたい人はぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

「オーディションが苦手…でも合格したい!」という人はたくさんいると思います。

実際、大きなプレッシャーのかかる場であれば誰でも緊張するものだけれど、それを少しでも和らげたり強さに変えることができたらこれほど心強いものはないですよね?

そういう意味では、自分との闘いに打ち克つオーディション準備も必要不可欠です。

ここで紹介した内容を参考にしながら、ぜひ今後のオーディションなどに活かしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました