【人見知りでも声優に向いてる理由】内向的な人がもつ長所とは

業界・進路対策

声優志望者にとって「声優を目指す」までが困難だと感じる人も少なくないはずです。

理解を得られない、経済的に難しいなど、個々によって理由は様々ですが、周囲の支援を得るか得られないかは大きな差です。

そして、中には声優になることを周りに打ち明けにくいという人もいるのではないでしょうか?

口下手、人見知り、恥ずかしがり屋、根暗だから。

身内であればあるほど、言いづらい部分はありますよね?

ですが、実際同じような悩みを抱えながらも声優になった方々はたくさんいらっしゃいます。

僕も、身内にはかなり無口な性格なため目指す前に同じような問題を抱えていました。笑

なので、こうした悩みはすごくわかります。

というわけで、内向的な人に見られる声優を目指す上での長所と、同じ悩みを持っていた声優さんが夢を目指した「きっかけ」をいくつかご紹介します。

こうした問題に悩む人たちの後押しになる内容になればと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

外交的な人が有利?

「なんで声優を目指すの?」と聞かれてすぐに答えられるでしょうか?

答えられる人もいれば、答えられない人もいると思います。

また、人前ではうまく説明できないという人もいるかもしれませんね。

内向的な人に見られるデメリットをいくつか挙げてみると…。

  • コミュニケーションが苦手
  • 環境適応力が低い
  • 行動に移すのが苦手
  • 自己主張が少ない

基本的に、自分の考えを外部へアウトプットすることが苦手という人が多いのではないでしょうか?

確かに、芸能界を目指すなら多くの人と接することも覚悟しなくてはいけません。

実際、仕事となると毎回スタジオも違えば初めて会う外部の人も多いため、内向的な人ほどこうした欠点が表れやすいといえます。

こういった部分では外交的な人の方が有利ですし、内向的な人も結局のところこういった短所を克服しなければいけないことも確かです。

内向的な人の長所

では、内向的な人は本当に声優に向いているのか?ということですが、こうした人にも声優に向いている特徴があるんです。

外向的人間と比べた内向的人間の強みとして、

・自制心が高い

・発想力がある

・感性が豊かで感受性が高い

引用:実は「内向的な人」ほど成功を掴みやすい リスクに敏感で失敗から学べる (https://president.jp/articles/-/24959?page=2)

メンタリストで有名なDaiGoさんによれば、自制心・発想力・感受性が高いことが主な長所だそうで、こうした能力は業界を生き抜く、または何かを演じる上でも非常に大切なことだと思います。

声優を目指すにしても、地道なトレーニング、台本や原稿と向き合うこと、指摘されたことをどう解釈していくかなど、創作力が問われることなんて山ほどあります。

自己主張できることももちろん大切ですが、物事を内省し、改善していく職人気質な要素もかなり重要ということです。

実際のところ、業界には内向的な人だってたくさんいますし、こうした人は自分の特徴を活かしつつも、苦手とすることをうまく克服・カバーしながら人と接している印象です。

不利な点もありますが、その反面、目には見えにくい「声優に向いているポイント」も実はたくさんあったりしますよ。

スポンサーリンク

プロ声優のきっかけ

目指す人一人一人に志望動機があるように、現在、業界で活躍する声優さんにも目指すきっかけというものがあります。

現在、同じような悩みを持つ人には共感できる部分が多いのではないでしょうか?

金元寿子

『美少女戦士セーラームーン Crystal』水野亜美、『スマイルプリキュア!』黄瀬やよい、『侵略!イカ娘』イカ娘などで有名な金元寿子さんは、以前は人見知りだったそうですが、声優への強い思いから専門学校へ通うことを決断されています。

――もともと、声優になりたいと思ったのはいつ頃ですか?

金元:高校3年生でそろそろ進路を決めなきゃってときに決めました。他の方々に比べると遅めですよね。アニメや海外ドラマが大好きだったので、声優っていう職業に興味はあったんですけど、しゃべるのが苦手だったんですよ、すごく。

――今はまったくそれを感じさせませんね。

金元:今よりもっと苦手だったんです(笑)。人見知りだし、いつもモジモジして。でも、声優の勉強をしたい気持ちが大きくなって、神戸の専門学校に入りました。お芝居を始めたのは専門学校に入ってからです。

引用:「金元寿子」声優インタビュー&ミニグラビア【声優図鑑】https://ddnavi.com/interview/280436/a/

奥野香耶

『Wake Up,Girls!』で菊間夏夜を演じた奥野香耶さんも、家庭では無口な方だったようで、その後大学を経てオーディションに合格されています。

――声優になるのは簡単ではないと感じたのはなぜですか?

奥野:高校の時、「声優の専門学校に行きたい」って親に相談したら、どうして? って言われたんです。私、家では全然しゃべらない子だったし、うまく説明もできず、すぐあきらめちゃったんですよね。でも今は、行きたかった大学に通えて良かったと思っていますし、夢を叶えることができて本当に幸せです。

引用:「奥野香耶」声優インタビュー&撮り下ろしグラビア【声優図鑑】https://ddnavi.com/interview/190713/a/

プロになるための要素は芯の強さ

たとえ口下手や恥ずかしがり屋でも、芯の強い人だっているように、何かしらのきっかけがないと声優を目指そうとは思いませんよね?

金元さんや奥野さんもそうだったように、一番大切なのは声優になりたいという芯の強さを持てるかどうかではないでしょうか?

自分の考えを表に出すことが苦手とはいえ、まずは周囲に相談する、ここを克服できれば内向的な人でも声優に向いている要素は必ずあるはずです。

まとめ

とかく、内向的な人は物事を深刻に捉えがちで、欠点やネガティヴな要素はたくさん思い浮かぶなんてこともありますよね?

「こんな自分でもなれるのかな?」とナーバスになるかもしれませんが、最初は誰でも素人です。

今活躍される声優さんも同じ悩みを抱えつつ夢を叶えた人もたくさんいるように、考え方次第では長所として活かせる部分もたくさんあるのではないでしょうか?

以下の記事では、僕の経験をもとに「コミュ力」がないと悩む人へ向けた具体的な改善点と対策方法を紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました