【松濤アクターズギムナジウム】の評判・特徴まとめ

学校・養成所

学校や養成所へ通って学ぼうとするには、どうしも多額の費用がかかります。

「どこか安い養成所はないかな…」と探している人におすすめなのが、松濤アクターズギムナジウムです。

とはいえ、あまり馴染みのない養成所かもしれませんね。

というわけで、この記事では「松濤アクターズギムナジウム(SAG)」の評判や通う際のメリット・デメリットを詳しくご紹介していきたいと思います。

ぜひ、これからの進路選びに役立ててくださいね。

スポンサーリンク

松濤アクターズギムナジウムとは?

1994年に開校され、元々は「ケッケーコーポレーション」が運営し、比較的有名な声優さんも所属していたり、講師も著名な方々が揃う印象でした。

しかし、2015年からは運営元が変わり「LEOPARD STEEL」の付属養成所となっています。

とはいえ、特にガラッと変わった印象はないです。

関連企業に「松濤スタジオ」「松濤スクール・オブ・アーツ」や出版社の「雷鳥社」がありドラマCDの制作を中心に手がけているようですね。

創設時から、生徒にとってリーズナブルに学べる環境作りがなされ、経済的な不安がある人でも通いやすい「学費の安さ」が最大の特徴といえます。

所属先プロダクション

前述通り、以前は「ケッケーコーポレーション」でしたが、現在では所属審査に合格した場合は「LEOPARD STEEL」へ所属することになります。

特に目立った声優さんが在籍しているというわけではなく、若いタレント中心なのでこれからという印象を受けますが、中には「響 -HiBiki Radio Station-」の冠番組をもってらっしゃる方もいるようですね。

ちなみに、どうしても他に行きたい事務所がある場合は、卒業時に養成所側に相談することで所属を辞退することも可能なようですよ。

81プロデュース所属の長谷美希さんはSAG在学中に81のオーディションに参加し優秀賞を獲得されているように個々での活動に寛容的な養成所なので、まずは安く学びたいという人にとっても一つの選択肢になるかと思います。

校舎

東京(荻窪)/ 福岡(大濠)

東京の荻窪校舎をメインに、現在では福岡にも年間コースとして学べるクラスがあるようです。

ちなみに、2020年度の入所に関しては、東京、福岡、札幌、大阪の4会場でオーディションが開催されるようです。

学費・コース

コース定員(1クラス)入所/継続金+授業料
週3コース基礎科(月水金)25名¥30,000+¥468,000
週3コース本科(火木土)25名¥30,000+¥438,000
週1コース基礎科(火/土)25名¥30,000+¥234,000
週1コース本科(日)25名¥30,000+¥204,000
ボイスクラス(木)25名¥84,000
SAG福岡年間クラス(土)7名¥30,000+¥180,000
実践短期コース(金)15名¥30,000+¥98,000
ゼミ(未定)
ワークショップ(未定)

別途で教材費がかかりますが、どのコースも¥8,000以内で収まります。

年間の学費は、他の学校・養成所に比べても圧倒的に安く、ローン分割払いも可能となっているため、働きながらでも通いやすい環境と言えますね。

この点は大きな魅力です。

カリキュラムの物足りなさをカバーするシステムとして、追加で「ボイスコース」などを受講できるようになっていますし、「実践短期コース」は5ヶ月で所属を目指す最短コースとなっており、他の養成所などで学んできた経験者におすすめのカリキュラムといえます。

また、福岡の年間クラスは定員7人とかなりの少人数制なので、密度の濃いレッスンを受講できるのも特徴です。

入所資格

  • 15〜35歳程度
  • 入所オーディション合格者
  • 本科・実践短期コースは一定の演技経験者

生徒の傾向

  • 男女の割合は「男3:7女」
  • 平均年齢層は「21〜25歳」
  • 高校・大学生、フリーター、社会人など

年齢制限は、厳しくもなく他の養成所とそこまで変わりません。

また、入所オーディションの際に実力次第で本科を勧められることもあるようです。

カリキュラム

週3コース基礎科

昼クラス(25名)月・水・金(14:00-17:00)
夜クラス(25名)月・水・金(19:00-22:00)

授業内容は、発声・滑舌・殺陣・アフレコなどを中心に、呼吸法や感情解放など、心身の使い方を基礎から徹底して指導してくれます。

また、基礎科の段階からダンスや演技の発表会があり、修了時には進級オーディションも控えているため、個々で目標や競争意識が芽生えやすい環境ですね。

発表会やオーディションを通じて講師やマネージャーからアドバイスをもらえたりと、改善点が見つけやすいところもポイント。

週3コース本科

昼夜クラス(25名)火(19:00-22:00)
木(19:00-22:00)
土(14:00-17:00)

基礎科とは違い、より専門的で細かい指導を受けることができます。

アフレコであればマイクワークや映像収録、演技であれば基礎よりも一つの作品を集中的に作り上げていくものが増えてきます。

また、本科になれば実力次第で現場へ出れる可能性もありますよ。

週1コース基礎科

昼クラス(25名)火(14:00-17:00)
夜クラス(25名)土(19:00-22:00)

週1コース本科

朝クラス(25名)日(10:00-13:00)

ボイスクラス

昼クラス(25名)木(14:00-17:00)

こちらのコースはオプションで、例えば「週1コース本科+ボイスクラス」といったように、他のコースと兼学しながら学べるクラスです。

発声や表現力など磨けるため、専門的なボーカルスキルを身に付けたい方におすすめです。

SAG福岡年間クラス

夕クラス(7名)土(16:00-18:00)

週1回2時間のレッスンですが、少人数制によりマンツーマンに近い形で受講できるのが利点でしょうか。

福岡校とはいえ東京へのアプローチも可能で、在学中のデビューや所属につながりやすいシステムも用意されていたりと、福岡近辺に住む方はこちらもおすすめです。

実践短期コース

夜クラス(15名)金(19:00-22:00/11月開講)

わざわざ基礎から学びなおしたくないという人にはこちらがおすすめです。

入所のハードルは高いものの、わずか5ヶ月で所属できるチャンスがあり、アニメ・外画・ナレーションだけでなくオーディション対策も含めかなり実践的な授業ばかりといった印象です。

他の養成所にも半年コースはありますが、それよりも短い5ヶ月というのはかなり珍しいコースではないでしょうか?

また、生徒全員に作品出演のオーディションチャンスがあるため、本科と同じく実力次第ですぐに結果が出せる環境といえます。

ちなみに、このクラスの入所オーディションは8月〜10月頃で、数回に分けて行われているようです。

講師陣

過去にSAGを卒業された方を中心にプロダクションや劇団で活動される方々もいるようですが、目立って著名な声優さんが指導されているというわけではないようです。

ただ、演技・歌唱・ダンスといった分野だけでなく映像制作の講師も在籍していたりと全体的に幅広いジャンルの方々が揃ってる印象です。

主な卒業生

主な卒業生楠田敏之、小田久史
大原めぐみ、木村亜希子、サエキトモ、大室佳奈、長谷美希

『ドラえもん』野比のび太役で知られる大原めぐみさんをはじめ、過去には実績ある声優さんを何名か輩出しています。

その他、声優ユニット「スフィア」の豊崎愛生さん、高垣彩陽さん、戸松遥さん、寿美菜子さんもミュージックレインの意向で特別クラスとして在学されていたようです。

しかし、LEOPARD STEEL付属養成所となってからは目立って活躍した卒業生がいないのも事実です。

評判

荻窪だったかな、SAGの本校の中は、見たことがあります。

舞台公演系のイベント上演を、SAGでやった声優さんがいたので、

会場として、そっちに観に行ったことがあります。

専門学校などで、放送局番組の公録をやる場合もあるから、

似たような使い方です。

学校自体は、まあ、まともな存在だと思いましたよ。

実績がある所と考えるかは、微妙な問題を含んできます。

メジャーな有名事務所の新人声優さんのレベルとは、異なる世界になりますので。

もう、他に行けそうな所がないなら、SAG に行きますか?、でも、

そう間違った言い方ではないかもしれません。

そういう立ち位置の学校だと、以前いわれてはいたようだし。

日ナレや代アニその他、誰でも入れる所に行って、その後、何なんでしょう、、

な人よりは、以前の SAG だったら、レッスン等は熱心な人がよくいたと、

思いましたが、今は、どういうレベルかは、分かりませんので失礼します。

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11194264066?__ysp=U0FH44CA5aOw5YSq

松濤アクターズ、日ナレ、ゆーりんプロは悪い養成所ではありません。

声遊塾はちょっと…。

※個人の意見です

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13157774853?__ysp=5p2%2B5r%2Bk44Ki44Kv44K%2F44O844K644CA6KmV5Yik

具体的な口コミというものはないですが、世間の評判からしてまずまずという感じです。

学費の安さを考えると仕方のないところではありますが、本格的に目指すなら東京・大阪などの大手養成所を目指すのがベターかなと思います。

関連書籍

実は、松濤アクターズギムナジウムからはいくつか書籍も出版されていたりもするんです。

入所を検討する前に参考にしたい方やノウハウだけでも学んでおきたい方にはこちらがおすすめ!

created by Rinker
¥314 (2021/04/18 18:21:53時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

松濤アクターズギムナジウムについて紹介しましたが、ここに通う最大のメリットは何と言っても学費の安さと受講コースのバリエーションです。

学費に関しては養成所の中でもトップクラスの安さで、週1日か3日かあるいは5ヶ月でプロを目指すといったコースを選べるのも利便性が高く、こうしたポイントを最も重視したい人にはかなりおすすめできる養成所。

その反面、運営が変わって以降まだ実績が物足りないところはあるので、SAGに入ったとしても将来進むべきプロダクションをしっかり考えておくのが一番良い選択ではないでしょうか?

ぜひ、ご自身の将来を見据えながら入所を検討してみてくださいね!

他の学校・養成所とあわせての一括資料請求は以下のサイトがおすすめです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました