【RODE(ロード)/NT2-A】使用レビュー!宅録初心者におすすめなコンデンサーマイク

アイテム

自宅で収録環境を整えたいときに必ず必要になるのがマイクですよね?

「お手頃だけど本格的なマイクが欲しい…」という方も多いのではないでしょうか?

僕自身、普段ナレーションやセリフ録りのために自宅で収録できるマイクが欲しいなと思ってコンデンサーマイクを探していたんです。

そんな時に見つけたのがRODEの「NT2-A」で、使っていくうちに良い点・気になる点が見えてきました。

そこで今回は、RODE「NT2-A」の解説と実際に使ってみた感想などを紹介します。

はじめて機材を揃えようと検討している方にもおすすめなので、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

スポンサーリンク

NT2-A/Rode(ロード)

出典:Amazon.co.jp

  • メーカー:Rode(ロード)
  • 接続:XLR端子
  • サイズ:55mm×55mm×208mm
  • 重量:860g
  • 周波数特性:20Hz-20kHz
  • S/N比:87db
  • 最大SPL:127db
  • 指向性:無指向性/双指向性/単一指向性
  • 機能:指向性切り替え、ハイパスフィルター、PADスイッチ

オーストラリアの音響機器メーカー・Rode社のコンデンサーマイクで、人気となった「NT2」の後継モデル。

プロ仕様の25mmデュエルダイアルフラムと、同社のハイエンドモデル「K2」と同型のトランスデューサから構成されることから、高感度でRodeらしい音をそのまま再現してくれる一本です。

また、3つの指向性切り替え、ハイパスフィルター、PADスイッチを搭載し、汎用性も兼ね備えたマイクとして今も根強い人気を誇るマイクですね。

特徴

RODE/NT2-Aの特徴は、そのサウンドはもちろん、3つのスイッチによりマイク本体で以下の操作が可能となっています。

指向性切り替え

出典:Amazon.co.jp

NT2-Aでは、「双指向性」「単一指向性(カーディオイド)」「無指向性」と、3つの切り替えが可能です。

指向性とは、簡単にいえばマイクが音を拾う方向ですが、一般的なコンデンサーマイクは単一指向性のみ搭載されているものがほとんどで、複数人で使用する場合などにはこうした切り替え機能があると便利です。

ハイパスフィルター

ハイパスフィルターは、特定の周波数域をカットできる機能ですね。

「80・0・40」とあるように、80Hz以下または40Hz以下の低音部分をカットできます。

もちろん編集ソフトでもできますが、手元でざっくりローカットしたいときにスイッチ一つでできるので初心者にとってはありがたい機能です。

PADスイッチ

PADスイッチは、入力音を下げるときに便利で、音割れやノイズ軽減にも役立つ機能です。

「-10db、0、-5db」とこちらも3段階の調節が可能ですね。

ひたすら声を張るような収録だと、マイクにかかる強い音圧から音割れノイズ発生させる原因にもなり繊細なコンデンサーマイクにとってもよくありません。

こうしたときに、マイク側で手軽に入力レベルを下げることができるのがこのPADスイッチですね。

ちなみに、-10db以下だとかなり小さく録音されることになるので、微調整というよりざっくりカットしたいときに使うのがおすすめです。

感想・レビュー

今回、購入したのは「NT2-A STUDIO SOLUTION」という、NT2ーA本体と各種付属品がセットになった商品です。

  • 本体
  • XLR端子ケーブル
  • ポップガード
  • ショックマウント(SM6)
  • マイクポーチ
  • 説明書・ステッカー

本体のみで買うよりもお得で、入門用としても一括で揃えられるので安心ですね。

毎回のセッティングは、本体底部にSM6サスペンションホルダーを取り付けてケーブルを差し込むといった感じです。

「NT2-A」の音色は、やや高音の効いた音抜けの良いサウンドといった印象ですが、かといって安価なマイクにあるようなシャリっと感は気にならず、中域にかけても柔らかさが出ています。

僕自身、毎回同じスタイルで声を録音することがほとんどなので充分満足ですね。

声質や発声などからマイク乗りにも個人差はありますが、どんな声でもしっかりとしたパフォーマンスを発揮してくれると思います。

難点を挙げるとすれば、マイク本体が860gと重いことでしょうか。

持ち運ぶことがほぼないのでそこまで気にならないものの、毎回のセッティングにはちょっと気を使いますしある程度しっかりとした固定が必要です。

購入の際は、耐荷重性が強く安定したスタンドやアームを選ぶことが肝心ですね。

デザイン的には好みもありますが、ボディは金属メッキで堅牢で光沢感もあるので、黒を基調とした中でも充分存在感はあると思います。

NeumanやAKGのようなハイエンドクラスには劣りますが、この価格帯にあってかなり本格的なクオリティと機能性を兼ね備えたマイクという印象です。

RODEのスターターセットがおすすめな理由

RODE NTシリーズがおすすめな理由は、先ほど紹介した周辺機材とセットでパッケージになっていることです。

もちろん、同価格帯で他にもたくさんの良いマイクはありますが、安価な定番商品とは一線を画したRode特有のサウンドと感度の良さから、本格志向の最初の1本にピッタリなマイクと言えます。

また、後々追加でマイクを購入したとしても、ローカットや切り替えスイッチがついたNT2-Aのような汎用性のあるマイクはサブとして続けられるメリットがあると思います。

created by Rinker
RODE
¥42,800 (2022/05/18 03:43:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロードマイクロフォンズ(RODE Microphones)
¥45,900 (2022/05/18 22:16:32時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

というわけで、今回は声の収録におすすめのRode「NT2-A」を紹介しました。

これから宅録をはじめたい方におすすめで、セットパッケージを購入すれば周辺機材も揃えられる本格志向の入門機として活躍してくれるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました