無声化とは?正しい発音と確認方法

練習法

声優やナレーター、アナウンサーなど声の仕事をする人にとって欠かせないのが「無声化」ですが、中にはこの言葉を初めて聞く人もいるかもしれません。

実はこれを身につけるだけで、聞き手にとっても一音一音聞き取りやすい言葉になりますし、大人っぽく喋れるコツだったりします。

ここでは、無声化についての解説と簡単な確かめ方を紹介していくので、無声化についてあまり詳しく知らなかった人や、できてるか確かめたい人にはぜひおすすめの参考記事になっています。

スポンサーリンク

無声化のメリット!

はじめて勉強する人からすれば無声化って聞き馴染みのない言葉ですよね?

すぐに改善できる人もいますし、なかなか克服できず苦労する人を僕もたくさんみてきました。ですが、声優学校や養成所に行けば必ず基礎の段階で教わることです。

無声化ができない人は、拙く聞こえたり幼稚な印象を与えてしまいがちで、声を扱う仕事の相手からすればやはり気になるポイントだったり…。

役柄としてあえて使わないのはアリですが、かっちりとしたキャラクターや堅い内容の原稿を扱う場合にこれができないと印象が悪くなってしまいます。

関西をはじめとした地方出身者はこうした無声化に慣れていない人も多いと思いますが、標準語でこれができてないと違う言葉に聞き間違えられたりするので、あ〜わ行まで一音一音確認しながら練習することが大切です。

標準語の場合、この無声・有声の組み合わせによる言葉が頻繁に出てくるので、マスターするだけでどんな内容の文章にも対応できるようになりますよ!

無声化とは?

では、そもそも無声化とは何なのか?ですが、簡単に言うと声を響かせないことです。

有声音の場合、喉の振動を使ってその音を発音することになりますが、無声化の場合は、声帯を使わず息だけを使った発音方法となります。とはいえ、あまりにも抜きすぎたり弱々しい息になると、マイクに向かったときに音が小さくなりすぎてしまうのでしっかり出す意識で発音するのがポイント。

できない人は難しく考えてしまいがちですが、発音時の口の形は有声化のときと同じなので、単に喉を使うか使わないかの違いだったりします。

以下で、無声化ができているかを確かめる方法と例文を紹介します。

簡単にできる確認方法

無声化ができてるかを確かめるのはとても簡単で、喉に指を当てたときに振動しているかです。

喉が振動している=有声化状態

喉が振動していない=無声化状態

無声化がわかりずらい人は、以下の例文を発音したときに喉の振動に変化があるかどうかを確かめながら練習してみるのがおすすめですよ!

カのクをミケルことがデキマ

アタはアタもベンにコカケル

赤字のところが無声化のポイントになるので、そこで喉が振動していないかを確認してみましょう!

無声化の法則性を知ろう!

最後に、「どこで無声化になるのか?」という疑問を持つ人もいると思うので、無声化が使われるの法則を書いていきたいと思います。もちろん例外もありますが、こうした傾向を知っておくと改善や対策にも役立つはずですよ!

先ほどの例文でもそうですが、無声化というのは、そのほとんどが口の開きの狭い母音「イ」「ウ」に子音を組み合わせたときに使われることがほとんどです。(例外として「ア」「オ」などの無声化もあります)

ちなみに母音というのは「a,i,u,e,o」の音で、これに子音「k」「s」を組み合わせて言葉が作られます。

他には、語尾にも頻繁に使われますが、(「〜で」「〜ま」など)例外として、特定のアクセントの単語や、疑問文で終わる場合などは有声化になります。

結構ややこしいですが、こうした法則性を知っておくと無声化と有声化の区別がしやすくなりますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?無声化って些細なことかもしれませんが、目立ちすぎるとあまりにも印象が悪くなりますよね。

ポイントは喉を使わず息で抜く!です。

自分の苦手な「音」や「口の形」を理解すると効率よく改善できるので、ぜひ試してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました