【喉に良い】声優・ナレーターにおすすめの飲み物を紹介!

練習法

声の仕事をするときに欠かせないのが飲み物ですよね。

種類はいろいろあるけど結局何が喉に一番おすすめなのか?

今回は、声優志望の方が知っておくと便利な知識「おすすめの飲み物」についてご紹介します!

スポンサーリンク

炭酸飲料

イメージ通りかもしれないですが、炭酸は間違いなく喉に良いとは言えません…。

刺激も強く、ひどい時には痛みが残る場合もあります。

あの爽快な刺激から気分転換に飲みたくなるときもありますが、開栓時に音も出てしまうことから収録現場へ持っていけば白い目で見られるかもしれませんね。笑

柑橘系飲料

柑橘系にも様々な飲み物がありますが、ほとんどのものがクセが強く刺激がありますよね。

喉に残り、人によっては炭酸同様に痛みやイガイガする感覚が残りやすいはずです。

なかにはホットレモンやはちみつレモンなど、喉に優しい飲み物もありますが、収録や発声前などは糖分によって弊害がでやすいのでこれもおすすめとはいえません。

スポーツドリンク(清涼飲料水)

スポーツドリンクってありなんじゃ?と思うかもしれませんが、こちらも糖分が含まれているため意外とアウトな部類です。

糖分を含むと口の中に粘膜が残り、緊張によって口の中が乾いてくると「リップノイズ」の原因になったりします。

ちなみにリップノイズとは、唇や舌との接触から出る「ペチャッ」「クチャッ」としたあの音…。

想像するとわかりやすいかと思いますが、口の中が乾いてるほどこの音が出やすいですよね。

せっかく良い声やセリフもリップノイズが原因でリテイクを要求されるケースもあるので、かえって緊張してしまい悪循環に陥りやすいです。

些細なことかもしれませんが、こうしたことを未然に防ぐ意味でもスポーツドリンクなど糖分のあるものもなるべく控えた方がいいです。

お茶

お茶には抗菌効果や口臭予防のメリットがあり、食後は特に効果的かもしれません。

そのため、お茶を好むという方もいますが、一つ難点を挙げるとすれば喉の油分を奪うことでしょうか。

中には平気という方もいますが、冬場や喉が乾燥しているときは声枯れの原因にもなりやすいです。

お茶を選ぶ場合は、渋めのものはなるべく避けて、口当たりの柔らかい温かいほうじ茶がおすすめ。

他の飲み物に比べ、飲みやすくリラックス効果もあるので場合によっては効果的な飲み物です!

じゃあ何がおすすめなんだ?と言えば、やはりいちばん無難なのが「水」です。

上記の飲み物に比べて刺激やクセがなくそのまま喉を潤してくれる良さがあり、各収録現場でももっとも多く見かける飲み物だったりします。

糖分が残っていれば洗い流してくれるし、万が一こぼしてしまった際も汚れが残りにくいというメリットもありますよね。

今では、コンビニへ行けば常温やコンパクトサイズも売られていて持ち運びにも便利と大きな欠点がないのが水の良さ!

軟水or硬水

水には軟水と硬水がありますが、日本人に適しているのは「軟水」と言われています。

日本では軟水が売られていることがほとんどなのであまり気にすることでもないですが、硬水の場合、人によっては腹痛や下痢などを引き起こす可能性もあるので、もしもを考えると収録前には軟水が安心ですね。

軟水であればマグネシウムが少なく口当たりも良いので、収録前や練習前などに最もおすすめしたい飲み物です!

まとめ

おすすめ度まとめ
  • 炭酸…………★☆☆☆☆
  • 柑橘系………★★☆☆☆
  • 清涼飲料水…★★☆☆☆
  • お茶…………★★★☆☆
  • 水(軟水)…★★★★★

というわけで、今回は声の仕事におすすめしたい飲み物をご紹介しました。

声優にとって飲み物は、収録中そばに置いておける貴重なアイテムですよね。

人それぞれに好みはありますが、「慣れ親しんだ飲み物」を携帯しておくと心強い味方になるはずです!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました