『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』(平光琢也)感想・レビュー

書籍

現場はどんな人を求めてるんだろう?

オーディションに合格するためにはどうすればいいの?

声優を目指すの多くの人がこうした悩みを抱えるものですが、声優業界の裏側ってあまり語られることがないし深掘りした内容の本って意外と少なかったりしますよね?

ですが、近年ではたくさんの声優関連の書籍が出版され、本気で声優を目指す人に向けられた有益な本もいくつか販売されています。

今回は、その中の一冊『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』についてご紹介!

本の詳細と内容、そして感想・レビューをわかりやすくまとめたので、現在声優を目指す人だけでなく、声優に興味があるという人もぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』

出典:Amazon.co.jp
  • 著者:平光琢也
  • サイズ:B6判
  • ページ:256ページ
  • 発行日:2014/3/31
  • 出版:幻冬舎コミックス
まとめ
  • はじめに…p002
  • 第1章……p009
  • 第2章……p043
  • 第3章……p061
  • 第4章……p143
  • 第5章……p177
  • 第6章……p195
  • 第7章……p221
  • おわりに…p252

著者紹介

1955年生まれ。岐阜県出身。音響監督・舞台演出家・俳優・脚本家。日本大学芸術学部演劇学科在学中に「劇団摩天楼」を結成。また、演劇集団「円」に研究生を経て俳優として入団。1983年、「劇団摩天楼」で共に活動していた赤星昇一郎、郷田ほづみとで結成した「怪物ランド」で『お笑いスター誕生!!』に出場。10週勝ち抜きチャンピオンとなり、深夜の冠番組『ウソップランド』でカルト的人気を博す。怪物ランドの活動休止後は、舞台演出家・音響監督として活躍。『ミュージカル 美少女戦士セーラームーン』の演出・脚本を務めるほか、『ミュージカル HUNTER×HUNTER』、『ロックミュージカル BLEACH』などの演出も手掛けた。また、音響監督を務めたアニメは『テニスの王子様』『HUNTER×HUNTER』『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』『ヘタリア Axis Powers』など、40本以上を数える。

出典:『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』著:平光琢也 出版:幻冬舎コミックス

著者は『テニスの王子様』などを手掛けた音響監督として有名な平光琢也さん。

ちなみに、音響監督とは、収録現場における責任者であり、演者と音響スタッフの間にたって指示を出す役割の人をいいます。

効果音(SE)や音楽(BGM)はもちろん、セリフの言い回しやニュアンスなど、音に関する演出を行う決定権を持っており、作品によってはオーディションや審査に携わることもあるほど声優と近い立場のスタッフ。

みなさんの中にはあまり馴染みのないという人も多いかもしれませんが、「怪物ランド」のメンバーとして芸能事務所・田辺エージェンシーに在籍し、音響監督や舞台演出だけでなく俳優としての活動経験もある稀有な方なんです!

書籍紹介

『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』というタイトル通り、この本では7つの章に渡って30項目のアドバイスがストレートな文章で語られてます。

以下は、僕なりのざっくりとした各章のテーマですが、将来のビジョンから演技のメソッド、さらにはオーディションではまず何をすべきか?などなど、著者の経験や知識をもとにそれらがかなり詳しく解説されており、各章の間で挟むコラムもちょっとした教訓になるはず!

  • 第1章:自己プロデュース
  • 第2章:三つの”誤解”
  • 第3章:演技(表現)
  • 第4章:オーディション術
  • 第5章:プロモーション
  • 第6章:演技(テンション)
  • 第7章:声優

「声優」に関する本は多く出版され、その多くは演者側である声優の著書が多いんですが、この本の最大の特徴は、現場サイドの立場で綴られた内容であること。

もちろん、これから目指す人にとってはイマイチ実感できない内容や半信半疑に聞こえることもあるかもしれませんが、声優になった自分自身を客観的に捉えてほしいというメッセージがいたるところに込められています。

以下は、そのわかりやすい抜粋ですが、とても簡潔でストレートな文章が印象的ですよね!

最初の名前を言うときの声と、オーディションの台詞を言うときの声があまりにも違う人がいますが、これはあまりいい効果があるとは思えません。

つまり、こちらサイドとしては、できるだけ地声で無理せず演じている声が、キャラクターに合っているかを聞きたいわけですから、あからさまに無理して作っているとわかる場合は合格しません。

(中略)

ですから、みなさんは自分の声を信じて、地声を鍛えましょう。

大切なのは、無理のない声で勝負することです。

出典:『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』p.160(第3版) 著:平光琢也 出版:幻冬社コミックス

レビュー

この本のレビューとしては、概ね良い点が多くあらゆる声優志望者におすすめしたい内容でしたが、なかにはちょっと気になる点もあったので、それぞれに分けて詳しく紹介していきたいと思います!

良かった点

前述したように、この本の特徴は”声優をみる側”である音響監督の目線でアドバイスがされていることでしょう。

この点で僕個人が感じた良い点は大きく分けて2つありました。

一つ目は、ものすごくプロモーション的な内容の声優本ってことです。

声優本の著者といえば現役声優がほとんどですし、声優を目指し学校や養成所に通えば声優講師から学ぶことが一般的です。

僕自身もそうした経験から俳優・声優からアドバイスを受けることが多かったんですが、この本を読んでみて気づかされたことは、より客観的な視点のアプローチも大切なのだということ。

もちろん、演技だけでなく、将来のビジョンまで解説されてます。

今後声優を目指す人がどういった講師に教わるかは人それぞれですが、こうしたポイントをストレートに言ってもらえることって案外少ないと思うので、僕以外にもかなり参考になる人は多いんじゃないかと思います。

それだけでもこの本を読む価値は大いにあるんですが、二つ目は、現場における実践的なアドバイスが多いこと。

例えば、「台本にある〇〇のような文章を目にしたときは…」とか「監督から〇〇と言われても…」など。

その場の状況がイメージしやすく、各項目で具体的なアドバイスが記されてるんです。

第2章・第3章で語られる演技の土台である心のつくり方は、第4章のオーディションテーマにも繋がってくるんですが、実践的なアドバイスにはそうした基礎が細かく解説されているからこそ理解できることもたくさんあるはず。

その他にも、「なるほど!」と思ったことはたくさんありますが、学校・養成所ではなかなか学べない演技のアプローチ方法が紹介されている貴重な一冊だと感じました!

気になった点

良いところの反面、気になった点もあったので挙げていきます!

一つは、読者によって向き不向きがあるというところ。

特に、著者が一番伝えたい部分である第6章は「テンションキープ」や「ギアチェンジ」、そこから「コント」についても触れていて結構難しい内容。

演技を経験したことのない人だとなかなか理解しにくいことかもしれません。

また、この本には写真やイラストなどがなく、わずかに図が掲載されているくらいで内容のほとんどが文章での解説です。

難しくて専門的な内容ほどついていくのが大変で、やっぱりこのへんは実際に経験してから読み返す方がしっくり理解できるんじゃないかと思います。

そういう意味でも、自身のステップアップに沿って読み返していきたい一冊になるかもしれません。

こんな人におすすめ!

というわけで、前述した良い点・気になった点から、僕的には「現在進行形で声優を目指している人」にこそ特におすすめしたい一冊です。

もちろん、これから声優の道に進む、あるいはすでに声の仕事に従事している人にも参考になる内容なんですが、日々レッスンで生まれる悩みや疑問がたくさんあり、さらに業界のことを知って将来の見通しが少しだけわかってくる時期って、やっぱり声優を目指して1年くらい経ってからだと思うんです。

実際僕もそうだったんですが、ある程度経験したこの時期こそ「本格的に目指すのか?」「諦めるのか?」を改めて考え始めるタイミングで、専門学校や養成所であればオーディション審査も増えてくる時期です。

こうしたタイミングでこの本を読むことで、より理解でき今よりもさらに視野が広がってみえることがきっとあるんじゃないでしょうか?

レッスンで学んだことと併せて意識しておくときっと役立つことがあると思います。

まとめ

  • 音響監督の目線の声優本
  • 具体的な解説とストレートな文章
  • 演技論から実戦やプロモーション的アドバイスまで
  • やや複雑な内容あり
  • 現在進行形で声優を目指している人におすすめ!

今回は、音響監督・平光琢也さんの著書『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと』についてご紹介しました。

ざっくりまとめると以上のような印象ですが、ここまで「声優業界の現場の思考」を代弁してくれた本というのはなかなかないし、あまりオープンにしにくい事柄を明かしてくれている貴重なアドバイスがたくさん載ってます。

現在声優を目指している方はもちろん、こうした道に興味がある人はぜひ手にとってほしい一冊だと思います!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました